wordpress

wordpressメール送信プラグインBenchmark Email Liteの使い方・設定方法

メール送信プラグインBenchmark Email Liteの使い方が知りたい

Benchmark Email LiteのAPI連携の方法がわからない

という方向けの記事です。

Benchmark Email Liteの記事は1つの記事だったのですが、文章量が長かったので分けました。

Benchmark Email LiteやBenchmarkの詳細、利用料金、メリット・デメリットについては以下からご確認ください。

あわせて読みたい
wordpressの記事更新通知(メール)にBenchmark Email Liteプラグインが便利 Wordpressから記事更新通知をメール送信したいけどいいプラグインやサービスはないだろうか。 企業が使っているメー...

以下がBenchmark Email Liteプラグインの具体的な使い方です。

一部画像は編集しています。(個人情報のところ)ご了承ください。

Wordress Benchmark Email Liteプラグインの使い方・設定方法

Benchmark側の設定

1.Benchmarkに会員登録し、ログインする。

参照:無料アカウント作成|メール配信のBenchmark Email

以下から会員登録が可能です。登録後以下からログインしてください。

BechMark会員登録

BechMarkログイン

2.管理画面からアドレスリストを作成する。

1.左メニュー→コンタクトメニューをクリックする。

2.画面右上「+新規リスト」をクリック。

3.新規リスト作成の通常リストを選択し「次へ」を選択、連絡先の追加方法を選びます。

(今回は1件ずつ登録を選択)リスト名を入力、設定します。

4.パーソナライズでメールアドレスを追加、メール受信方法を選び、コンタクト追加を選択します。

4.顧客情報を追加いたしましたと表示されたらOKです。続けて必要なリストを設定していく。

3.APIKeyを取得する

1.管理画面のアカウント部分「API/連携」からアクセスします。

2.サービス連携一覧から、APIキーを選択。

APIキー情報を取得しておきます。

WordPress側の設定

1.自分のサイト(Wordpress)にBenchmark Email Liteをインストール

1.wordpressの自分のサイトにログイン後、プラグイン→新規追加から「Benchmark Email Lite」を検索する。

2.Benchmark Email Liteの「今すぐインストール」をクリック。インストールし、有効化する。

2.APIKeyを入力する

先ほど管理画面で確認したAPIキーを「API Key(s) from your Benchmark Email account(s)」の「Primary」に設定します。画面したの「SaveChange」をクリックして完了です。

問題なければAPIkeyの前に緑のチェックマークがつきます。

3.メール送信する

1.実際に使用する際は、記事投稿画面の右側に追加された送信メニューで操作します。

記事公開完了後、BenchMarkEmailを設定し、「Send」をクリックする。

Email Templateについて

また、左側メニューバー「BenchMarkEmail」の「Email Template」で送信されるメールのデザインや内容を変更することができます。

会社ロゴなどオリジナルの画像挿入も可能です。

その際は、サーバー上にアップロードしておくとよいと思います。