インターネット

Webサーバーへの固定IP接続に「マイIP」どこからでも接続できて便利

webサーバーへの接続の際、固定IPが必要になったけど持っていない!

固定IPを複数の仕事場で使いたいけどいいサービスはないだろうか…。

という方向けの記事です。

固定IPアドレスと変動IPアドレス

IPアドレスとは接続回線のアドレスを示すもので、接続時に毎回アドレスがかわる変動IPアドレスと毎回同じアドレスで接続する固定IPアドレスの2種類があります。

変動IPアドレスは、接続時にプロバイダから毎回空いているIPアドレスを割り当てられる仕組みです。

そのため、接続するたびに、IPアドレスがかわります。

固定IPアドレスは、接続の有無に関わらず、割り当てられた1つのIPアドレスを使用できます。

オプション設定などで固定IP指定の契約をしていない場合、変動IPアドレスになっていることが多いです。

Webサーバー接続で固定IPアドレスが必要なケースも

通常時は、変動IPでも問題ありませんでした。

クライアントのサーバーでは、指定IPアドレスからのみの接続を許可し、それ以外のIPアドレスがWebサーバーへ接続するのを遮断するという設定を行なっていました。

IPアドレスで接続者(Web製作者)を特定し、それ以外のアクセスをシャットアウトするというセキュリティ方法をとっていたんですね。

(セキュリティがしっかりしたサーバー!)

ただ、事務所としている我が家も、時々仕事させてもらっていた会社も変動IPアドレスでした。

複数の場所で仕事するし、固定IPアドレスをどうしようか…。

こまった挙句、こちらの「マイIP」というサービスを見つけることができ、快適に使うことができました。

紹介したいと思います。

Webサーバーへの固定IP接続に「マイIP」
どこからでも接続できて便利

「マイIP」とは

参照:マイIPはどこでも固定IP環境を実現します – INTERLINK

マイIPはインターリンクが提供している固定IPサービスです。

VPSサーバーへの接続方法を使い、国内、海外問わず、どこからでも固定IPアドレスでアクセスすることができます。

プロバイダの契約変更も不要。

契約当日から、使用することができます。

VPSとは

マイIPはVPSサーバーを通してのPPTP/L2TP接続です。

インターリンクのVPSのサーバーを経由して、固定IPアドレスでのアクセスを行います。

海外の固定IPアドレスを持ちたい場合はセカイVPNがよいそうです。

「マイIP」の仕様/料金

マイIPの料金は以下です。

マイIP

固定IPアドレス数 1個
料金 月1,080円
接続方法 PPTP/L2TP(接続環境によって方法が異なります)
接続環境 Windows/Linux/FreeBSD/macOS/iOS(iPhone・iPad)/AndroidOS 2.3以降

複数の固定IPが必要な場合は「マイIPソフトイーサ版」

複数の固定IPアドレスが必要な場合は、マイIPソフトイーサ版がよいと思います。

マイIPソフトイーサ版

固定IPアドレス数 1〜128個
料金 1,296円(固定IPアドレス1つにつき)
接続方法 PacketiX VPN(専用ソフト)/L2TP/MS-SSTP/OpenVPN(接続環境によって対応が異なります)
接続環境 Windows/Linux/macOSX

マイIPのメリット・デメリット

メリットは契約当日からアクセスすることができてよかったです。

また、仕事場所が複数あるので、どこでも同じIPアドレスにできることはありがたかったです。

デメリットは、毎月1,080円かかることと(マイIPの場合)、最初のVPS接続設定が少し面倒でした。

VPS接続設定は、1度設定してしまえば、困ることはなかったですね。

(Mac使って接続しています)

月額料金がかかる点は、仕事の制作料と合わせて考えると、私の場合、デメリットではなかったです。

どちらかというと、接続しづらい環境に接続できたほうが、仕事を占有できてメリットが多かったです。

(専属のweb担当者になれる感じ)

まとめに

契約前は「ひぃーーーー、どうしよう!」って言いながら、頭をかかえて困っていたので、どこでも使える固定IPアドレスが見つかってありがたかったです。

Web制作をしていると、様々なことを調べ、学び、解決していかなくてはいけないなと思うことが多いですね。

みなさまの場合に合うかわかりませんが、参考になれば幸いです。