photoshop

PhotoshopCCで画像を開いたら破損表示でおかしい(とりあえずの対応策も)

PhotoshopCCでダウンロードした画像を開いたところ、画像が破損したような表示になってしまった。どうにかして開く方法はないだろうか…。

という疑問にお答えします。

PhotoshopCCで画像を開いたら破損したようで表示がおかしい

mac(macOS High Sierra)にphotoshopCC2018にインストールしてから、時々起こる問題です。

web上からダウンロードしてきた背景画像やスクリーンショットをphotoshopで開くとたまにこんな画像が表示されるのです。

バグった感じの画像。

ある意味ちょっとアーティスティック。

でも、急いでいる時は「ばかあぁぁぁぁぁっっ」となります。

ファイルを閉じて、何度開いてもこうなるので、ストレス倍増(怒)。

学校でweb制作の授業もやっているのですが、授業中、photoshopでwebサイトのデザインをしていたところ、数人の学生さんから相談を受けました。

最近、ようやくとりあえずの方法ではありますが、解決策を見出したのでご報告です。

一度Photoshopを再起動し、画像を開く。

一旦photoshopを終了し、再起動すると画像表示されました

なぜなんだ…。インターネットで調べても出てこない…。

HighSierraと相性が悪いのか…、それとも、PhotoshopCCの方のバグなのか、

よくわかりませんでした。

以下のRGBバグに近いけれども、 再起動で表示されているところを見ると、プロセッサが合わないとも考えにくい。

https://forums.adobe.com/thread/1648324

まとめ

ただ、再度開いたら表示されるということは、画像自体は破損していないということ。

画像データが壊れた!!!と焦る必要はないです。

Photoshop再起動でお試しください。

困っている方はぜひどうぞ。参考になれば幸いです。

そして、誰か原因がわかるなら教えてください…。