経理

引き落としに対応してない!時に便利な定額自動送金サービス

駐車場や家賃など、毎月支払いがあるのに支払い先が口座引き落としに対応していない

毎月、一定額を自動で振り込みたい

という方向けの記事です。

振込先が口座引き落としに対応してない!

先日、駐車場を借りたのですが、借りるにあたり、困ったことがありました。

口座引き落としに対応してないということです。

「引き落としには対応しておりません。毎月月末までに振り込んでください。」
とのことでした。

手続きめんどうだし、いつか絶対、支払い忘れる…

色々調べて定額自動送金サービスというものをみつけました。

引き落としに対応してない毎月の振込に!定額自動送金サービスとは

毎月指定日に銀行口座から一定額を振り込むことができるサービスです。

各銀行で行っています。

三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、楽天銀行などなど対応している銀行はたくさんあります。

窓口で申し込むもの、インターネットバンキングからも申し込める銀行もありました。

私は三菱東京UFJ銀行がメインバンクのため、三菱東京UFJ銀行に申し込みにいきました。

三菱東京UFJ銀行の定額自動送金サービス

三菱東京UFJ銀行の定額自動送金サービスにいくにあたり、

・通帳、キャッシュカード

・振込先の口座情報・振込金額・氏名

・自分の銀行印

を用意して窓口へ申し込みに行きました。

窓口で相談したところ、申し込み翌日からの振込使用はできず少し登録に時間がかかるとのこと。

そこで、当月分は普通に振り込み、翌月分から送金手続きを申し込みました。

振込日も自分で設定でき、振込日が銀行都合で振り込めない場合、前倒しにするか、後にするかなど細かく選ぶことができました。

三菱東京UFJ銀行の場合、指定月から最長5年間指定できます。

自動送金が不要になった場合は、申し込みをすればいつでも無料で解除できるとのことです。

三菱東京UFJ銀行
定額自動送金サービス

三菱東京UFJ銀行定額自動送金サービスの手数料

かかる手数料は送金する銀行、送金額によって異なります。

三菱東京UFJ銀行の場合はこちらです。

UFJ銀行/同一支店あて 手数料:108円
UFJ銀行/他支店あて 送金額3万円未満/手数料:162円
送金額3万円以上/手数料:378円
じぶん銀行あて 送金額3万円未満/手数料:162円
送金額3万円以上/手数料:378円
他行あて 送金額3万円未満/手数料:378円
送金額3万円以上/手数料:702円

お困りの方は契約している銀行にサービスがあるか確認してみるといいですね。

定額自動送金サービスのメリット

お金の支払い忘れを防げるところです。

お金がないわけではないのに…、「滞納」という扱いになってしまうのは避けたい!

そんな思いが強くありました。

家賃・駐車場・固定機材リースなど、毎月定額でかかるお金への対応に向いています。

定額送金サービスのデメリット

特には感じませんが、強いていうなら、手数料がかかることでしょうか。

三菱東京UFJ銀行は少し高めのようです。

住信SBIネット銀行や楽天銀行など、契約条件によっては送金サービスが無料で使えるところもあるそう。

また、窓口での手続き後、すぐ使えない可能性があることもポイントかと思います。

まとめ

自動定額送金サービスは、毎月の振込忘れを防ぐことができて便利なサービスです。

今回、申し込みできてよかった。

お困りのかたがいれば、参考になれば幸いです。