web制作

プログラムがわからないとき相談できるQ&Aサイト「teratail」

・プログラムエラーがどうしても解決できず困っている。

・プログラムエラーや構築する方法がGoogle検索で調べても出てこないし、気軽に質問できる知り合いもいない。

・teratailってどんなサービスなのか詳しく知りたい!

という方むけの記事です。

私はフリーランスで10年ほどwebデザインの仕事をしています。

デザインとプログラム構成・設置をどちらも担当しています。

(Webサイトを作ってくださいと依頼がくることが多い。)

以前、プログラム制作の際、どうしても解決方法が見出せないときがあり、困っていました。(WordPressの会員サイト制作でうまくいかないことがあった)

Googleで調べても出てこないし、書籍を読んでも該当のものはなく、独学フリーランスで気軽に相談できる人もいない…。

そんなとき使ったのがteratailです。

その際は、提案していただいた方法で直接解決できなかったのですが、回答していただいたプログラムが解決の大きな糸口になり、(必要なコードが1つわかるだけで解決できることが多い)無事、プログラムを調整することができました。

teratailを使う前に以下も読んでいただくといいと思います。

あわせて読みたい
プログラムエラーやわからないときの解決方法5選【web制作独学者向け】 1人でプログラムを作っていて、エラーを解決できない! プログラム制作中にどうしてもわからないことに遭遇した! という...

エンジニア向け質問サイト「teratail」 とは

参照:teratail公式サイト

teratailはプログラム構築の質問に特化した質問+回答サイト(無料)です。

教えてgoo!のプログラム構築版といった感じです。

以前は、教えてgoo!に質問したこともあったのですが、専門性の高い内容は、専門家が集まる場所で聞いた方がよいと思います..。

teratail

質問できる言語や内容の一例

参照:teratailタグ一覧1ページ目

一例がこんな感じです。

php、Javascript、Java、html、CSS、

Ruby、Python、Ruby on Rails、Swift、

MySQL、C#

などたくさんの言語や項目のタグがありました。

画像は、タグ一覧1ページ目の上の方です。ほんの一部です。

タグ一覧は、残りあと30ページほどありましたので、投稿内容の豊富さを感じます。

プログラムを質問する際の「teratail」の使い方

1.taratailに会員登録をする。

参照:teratail公式サイト

teratail

2.キーワード検索から困っている内容を検索する。

すぐ質問せずに、まず、過去ログに必要な情報はないか調べるというのがベストです。

画面上部の「キーワードで検索」と書かれたキーワード欄に必要な語句を入力し、調べてみましょう。

 

3.過去の記録に情報がなければ、質問を書く。

参照:teratail公式サイト質問ページ

質問したいことが過去の記録から見つからなければ、「質問する」ボタンをクリックします。

質問欄では、達成したいこと、取り組んだ内容、開発環境など、できるだけ詳しくわかりやすく状況を説明します。

(そうじゃないと「よくわからないので回答のしようがない!」と思われてしまうことも

質問用の基本テンプレートを使おう

 

入力欄右上のボタンをクリックすると表示される「基本テンプレート」を選択し、エラーの内容や困っていることを記入すると書きやすいかと思います。

こんな感じのフォーマットが入ります。

このフォーマットに合わせて書くと詳しく記入しやすいです。

右側はプレビュー。

4.回答がついたらお礼とベストアンサーを。

内容を確認、自分のプログラムで検証して、お礼のメッセージとベストアンサーを選びましょう。

また、自分で回答そうなものがあれば回答してあげるのもいいですね。

まとめ

私は、1人で独学でやっているので、プログラムで困った際、迷宮入りしてしまいそうなことも多かったです。

ようやくみつけて、質問できる環境を得たのはありがたかったです。

軽はずみに使わず、googleなどで検索して見つからない場合に使うのがおすすめですよ。

プログラムコードが1つわかるだけで、エラーや実現できないことへの解決が大きく前進するのもまた事実。

プログラムエラーが解決できないだけで、全く前に進めなくなってしまうことがあるのもまた事実。

もしお困りの方がいれば、参考になれば幸いです。