その他

秒速FAXは市外局番OKなインターネットFAX!メール受信が快適。

あまり使わないのにFAX料金が高くて困っている。なにか良い方法はないか。

インターネットFAXって実際どうなの?

インターネットFAXに興味はあるが、FAX番号も固定電話のような市外局番を使いたい。

という方向けの記事です。

私は、かれこれ4年近くインターネットFAXを使っています。

私が使っているのはToonsという会社のインターネットFAXです。

使用感などをお話ししたいと思います。

秒速FAX(インターネットFAX)を使い始めた理由

少数ではありますが、クライアントでFAXでWebサイトの修正指示をいただく方がいます。

レストランのオーナーさんで、パソコンを常時使う習慣がなく、FAXで発注をかける方が都合がよいとのことでした。

私もこのかた以外、ほとんどやりとりがないので、できるだけ安くしたいと思い、インターネットFAXの利用を始めました。

使っているのは、Toonesの秒速FAXPlusです。

送受信が途切れたこともなく、今のところ快適に使えています。

Toonesの秒速FAXとは

参照:秒速FAXPlus

Web上からFAXを送信、メールでFAXを受信できるサービスです。(データはPDF)

Toonesが運営をしています。

送受信には「秒速FAX送信(送信)」と「秒速FAXPlus(受信)」の2つを使います。

秒速FAX送信は月額無料(使用料のみ)のサービスで、秒速FAXPlus契約時、セットでついてきます。

FAX送信のみを希望する場合は、秒速FAXPlusでの申し込みは不要です。

ToonesインターネットFAX

FAXをメールで受け取る快適さと魅力

今まで気がつかなかったのですが、FAXをメールで受け取れるのは思いの外、便利でした。

私は仕事場を複数持っています。

FAX機器が近くになくても、PCやスマートフォンですぐ確認できるのはとてもよかったです。

他の修正指示と同じようにPC上でメールにて確認。

また、記録がメール内に残るので、過去に遡って修正指示を確認するのも簡単。

プリントされたものを取っておく必要もありません。

これが想像以上の快適さでした。

市外局番の使用が可能(一部の地域)

意外だったのが、03(東京)や052(名古屋)などいくつかの都市の市外局番が使えるところです。

固定電話のみ持っている場合も市外局番と合わせやすいです。

また、コンビニからのFAX送信は050番号への送信が制限されているものもあるそうです。

現在使っているFAX番号がある場合も以下市外局番にかぎり、ナンバーポータビリティで引き継ぎも可能です。

秒速FAXで使うことができるエリア

東京都23区内(03)/ 埼玉県さいたま市(048)/ 千葉県千葉市(043)/ 神奈川県川崎市(044)/ 神奈川県横浜市(045)/ 愛知県名古屋市(052)/ 大阪府大阪市(06)

希望のエリアがない場合は、下記のeFaxの方が市外局番の数が多いです。

秒速FAXPLUSの料金は月額498円+使用料

秒速FAXPLUSはFAX受信アドレス数に応じてプランがあります。(2018年6月現在)

プラン名 初期設定費用 月額料金 受信単価 FAX受信可能メールアドレス数
SOHO 1,050円 498円 @8円 1個まで
ベーシック 1,050円 798円 @3円 3個まで
ビジネス 1,050円 980円 無料(月1000枚以上の場合は応相談) 20個まで

ToonesインターネットFAX

他社との料金比較(2018年6月現在)

eFax

プラン名 初期設定費用 料金 受信単価 送信単価
月払いプラン 0円 1,500円/月 (税別) 毎月150ページ まで無料
(151ページ目以降) 10円/ページ
毎月150ページ まで無料
(151ページ目以降) 10円/ページ
年払いプラン 0円 18,000円/年 (税別) 毎月150ページ まで無料
(151ページ目以降) 10円/ページ
毎月150ページ まで無料
(151ページ目以降) 10円/ページ

eFaxは、秒速FAXPLUSに比べて、枚数が少ない場合はお得感が少ないです。

ただ、全国57の市外局番から選ぶことができるので、市外局番で使いたいのに!秒速FAXにない!という場合、よいと思います。

eFaxで選べる50以上の市外局番(2018年6月現在)

札幌/横浜/京都/高知/旭川/船橋/金沢/松山/青森/さいたま/富山/福岡/秋田/新潟/大津/北九州/盛岡/長野/福井/久留米/仙台/名古屋/神戸/長崎/山形/浜松/姫路/佐賀/福島/静岡/広島/熊本/前橋/甲府/山口/大分/宇都宮/岐阜/福山/宮崎/水戸/津/松江/鹿児島/東京/大阪/鳥取/那覇/八王子/堺/岡山/千葉/和歌山/高松/川崎/奈良/徳島

eFax

jfax

プラン名 初期設定費用 料金 受信単価 送信単価
月払いプラン 0円 990円/月 (税別) 毎月100ページ まで無料
(101ページ目以降) 10円/ページ
毎月50ページ まで無料
(51ページ目以降) 10円/ページ
年払いプラン 0円 11,800円/年 (税別) 毎月100ページ まで無料
(101ページ目以降) 10円/ページ
毎月50ページ まで無料
(151ページ目以降) 10円/ページ

jfax

Toonesの支払いはポイント制

Toonesの秒速FAXの場合、使用料金は事前にポイント(1pt=1円)を購入して使っていきます。

Faxの送受信ごとにポイントを使っていく仕組みです。

月額使用料金もこちらからポイントを使っていきます。

ポイントがなくなってしまったら使えなくなってしまうのですが、残高アラートを指定すれば指定ポイントをきったらメールでお知らせが来るシステムになっています。

インターネットFAXの欠点

特に感じることはないですが、しいて言うのであれば、月額使用料がかかることです。

ほとんど使う人がなく、メールやLINEやSkypeなど連絡方法を切り替えてもらえるなら、そちらの方がお得にやりとりできるかとおもいます。

まとめ

まとめると、

・インターネットFAXはFAXをメールで受け取ることができ、フリーランスや事務所にあまり滞在していないビジネスマンにも便利。

・月額料金の安い秒速FAXは市外局番指定(7都市)もでき、少量FAX送信向けで使いやすい。

・市外局番指定が秒速FAXにないときは、57都市から選べるeFAXもおすすめ

でした。

参考になれば幸いです。