mac

Macboookの指紋認証「TouchID」は簡単にロック解除でき快適

High SierraのMacbookを買おうと思うんだけどTouchIDってどんなもの?

High SierraのMacbookの特徴がしりたい。

という方向けの記事です。

少し前に、macbookpro2017(High Sierra/15インチ)を購入しました。

指紋認証「TouchID」がよかったです。ロック解除がより簡単になり、想像以上に快適でした。

Macboookの指紋認証「TouchID」は
簡単ロックでとても快適

TouchIDとは

TouchIDは、Mac自体にユーザーの指紋を登録し、Macを開いた際、ユーザーを確認するためのセキュリティシステムです。(画像右端の黒い四角部分です)

Macを開いた際は、パスワードを入力するか、TouchIDを入力するか、どちらかの方法でログインすることができます。

また、ログイン以外にも、iTuneStore、AppStore、ApplePayの支払いにも使うことができます。

Touch ID には、Apple のデバイスにこれまで採用されてきた中でも、ハードウェアの面でもソフトウェアの面でも最先端のテクノロジーが使われています。ボタンは最も透明度が高く硬質な素材の一つであるサファイア結晶でできています。この素材がセンサーを保護し、指に正確に焦点を当てるレンズの役割をしています。

引用:Touch ID の先進のセキュリティテクノロジーについて – Apple サポート

少し調べてみると、ボタンは、サファイア結晶でできているそうです。

おお!なんかすごそう。(雑な感想)

また、Macのシステム環境設定から、指紋の削除、追加登録もできます。

パスワード入力は意外と面倒な作業だったと気づく

使い始めた最初は、指紋登録なんて仰々しいなあ。と思っていました

Appleはそういう技術を盛り込むのが、好きなんだから。くらいに。

でも、実際に使ってみると、なんと快適なこと!

指定の場所に人差し指をかざすだけで、パスワードを入力しなくてもすぐ作業画面に入れる快適さを初めて知りました。

また、毎回パスワードを入力していたのって、思いの外、面倒な作業だったんだなと気づかされました。

TouchIDが反応しないときは

私はまだ経験したことがないですが、たまに反応が悪くなることもあるそうです。

・指とボタンを綺麗にすること(柔らかい布でボタンを拭く)

・保護フィルムがボタンにかからないよう注意する

などの対応策があるそうです。

TouchIDの横にあるTouch Barにも驚く

キーボード内にファンクションキーや照度、音声を表す設定がなくなり、キーボード上部に「Touchbar」と呼ばれる細長いタッチパネルが搭載されています。

必要に応じて表示を変え、様々な役割をするボタンです。(照度、音量、ファンクション、色設定や絵文字など)

必要な時に必要なボタンが表示される仕組みは不思議で画期的でした。

TouchIDが電源ボタンの役割も

今回のmacbookproキーボードで驚いたことは、以前まで搭載されていた電源ボタンがなかったことです。

このMacbookproは基本的に開いたと同時に起動します。

開いたままスリープ状態の場合は、TouchIDをクリックすると起動・ログインされます。

電源ボタンはあって当たり前と思っていましたが、なくても大丈夫なんですね。

削ぎ落とすことが得意なAppleとはいえ、「目から鱗」でした。

終了時は、画面上部のAppleメニューからシステム終了できます。

まとめに

まとめると、Macbookの指紋認証システム「TouchID」はログイン時に大変便利な機能でした。

今まで、席を外した際の再ログインが、面倒だなんて思いもしなかったのですが、TouchIDを使うようになって、予想外に、快適だったので驚きました。

とてもよい機能ですよ。参考になれば幸いです。